三菱 クルトガを通販で調べました

三菱 クルトガに関する通販商品をご紹介しています。



TOPページ | 次のページ

【マラソン限定特価】【三菱鉛筆】クルトガ スタンダードモデル 10周年記念 数量限定 0.5mm

価格: 400円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
芯が回転してトガりつづけるシャープ『クルトガ』の発売10周年を記念した限定カラー! プレミアムグッズのみで存在した、「金トガ」の愛称で親しまれた金色を初めて発売!また、過去発売したクルトガの限定色の中から特に人気の高かったブルーとレッドのグラデーションカラーが復活。 国内未発売の海外限定色であるスケルトンカラーも国内初登場! 筆圧により芯が回転して、芯先を円すい形に保つため、一定の細さと濃さの描線を書き続けることができます。極端にとがった芯先にならないため、芯先が崩れにくく、ノート等の紙面もきれいに保ちます。 軸色:グラデーションレッド、グラデーションブルー、金、透明スモーク、透明ブルー、透明ピンク、透明グリーン 芯径:0.5mm
(更新日時:2019/01/24 05:11)

三菱鉛筆/クルトガ ローレットモデル 0.5ミリ シルバー/M510171P.26

価格: 1,008円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
【商品説明】1画書くたびに芯が9度回転。芯が均一に摩擦してトガり続けます。ずっと細い文字が続くから、ノートもすっきり。【仕様】●芯径:0.5mm●サイズ:軸径9.9×厚さ12.9×全長146.2mm●重量:15.1g●本体色:シルバー●注文単位:1本【検索用キーワード】mitsubishi uni kurutoga シャープペンシル シャーペン シャープペン M510171P.26 M510171P ユニ みつびしえんぴつ 三菱鉛筆 MITSUBISHI uni ユニ くるとが 0.5mm 05mm 銀 ぎん バラ売り 1本売り M510171P.26 M510171P26 シルバー2013芯が回って、トガり続けるシャープ
(更新日時:2019/01/24 05:11)

【クラックス】クルトガ0.5MM/MARVEL PURPLE 50357【クルトガ】【三菱鉛筆】【シャーペン】【筆記用具】【文具】

価格: 604円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
商品説明 芯が回ってトガリ続けるシャープ 純文具コラボレーション!クルトガ×キャラクター 書くたびに芯が少しずつ回転するクルトガエンジン! ・シャープ 0.5mm 商品詳細 サイズ:10.3×142mm ※あくまでも商品イメージになります。実際の商品と色や仕様が多少異なる場合がございます。 ご了承下さい。※数量等でネコポス発送できない場合は、 当店にて宅急便に変更させて頂きます。 ご了承ください。
(更新日時:2019/01/24 05:11)

【三菱鉛筆】クルトガ・ハイグレードモデル(0.3mmシャープペンシル)[ネコポスで送料無料][後払い対応]【文房具 文具 ステーショナリー / シャープペン シャーペン 筆記具 KURUTOGA Un

価格: 972円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
◆従来に無い新しい触感のアルミウェーブグリップ! ◆低重心設計による安定した筆記感を実現。 ◆上質感と強度をあわせ持ったメタルクリップ。 ◆質感豊かな塗装ボディ。 ◇製品仕様◇ ■芯径:0.3mm (シャープペンシル) ※軸色はブルーのみです。 ■ノック式、クルトガエンジン搭載 ■サイズ:軸径9.9×厚さ12.9×全長146.2mm/15.1g ■軸仕上:ABS樹脂+塗装、アルミウェーブグリップ付 ■替え消しゴム:タイプC (こちらから) ■0.5mmタイプはこちら ■筆記具一覧はコチラ! ◇配送情報◇ ■ネコポスご利用の場合送料無料です。 ◆宅配便ご希望の方で、配送方法の変更ご不明の場合、備考欄に宅配便ご希望の旨ご記載ください。 ※受注後当店にて配送方法及び送料変更させて頂きます。 ■宅配便は合計3000円(税別)より送料が無料になります。(3,000円以下の場合や沖縄・離島・一部地域に
(更新日時:2019/01/24 05:11)

【メール便対応】シャープ替え芯 0.5mmユニ〈クルトガ替芯〉三菱 uni0.5-203HB/B/2B

価格: 160円 レビュー評価:4.65 レビュー数:17
【商品特長】 ■ トガりやすくなめらかな芯 独自の芯回転機能により、芯が回ってトガり続けるシャープ「クルトガ」で使うと、トガりやすくなめらかに書ける芯です。 芯の外側がやわらかいため、芯がトガりやすくなめらかに書くことができます。 <イメージ図> <筆記時のイメージ図>
(更新日時:2019/01/24 05:11)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 次のページ